細井 美裕

1993年生まれ、慶應義塾大学卒業。マルチチャンネル音響をもちいた空間そのものを意識させるサウンドインスタレーションや、舞台公演、自身の声の多重録音を特徴とした作品制作を行う。
22.2chで制作した《Lenna》はNTT ICC無響室YCAM札幌SCARTS東京芸術劇場コンサートホール国際音響学会AESなどで発表。
2019年YCAMにて細井美裕+石若駿+YCAM新作コンサートピース「Sound Mine」、2020年 Ars Electronica Festivalにて無響室と残響室を繋ぐ作品「Vocalise」、奈良県天川村にて屋外サウンドインスタレーション「Erode」を発表。
現在羽田空港第二ターミナルにて「Crowd Cloud」展示中(~2021/9)。
SHURE24 : 世界のオーディオカルチャーをプッシュする24人に選出。第23回文化庁メディア芸術祭アート部門新人賞受賞。

Sound & Recording Magazine「realize – 細井美裕の思考と創発の記録」連載中
Latest Release on Spotify / Apple Music

ARCHIVES

ARTWORK

2021
  • 《Crowd Cloud》 Collaboration work with YURI SUZUKI @羽田空港 第2ターミナル
  • 《ON PAROLE》
  • ヌトミック+細井美裕《波のような人》@愛知県芸術劇場
2020
2019

VOICE WORKS

2020
2019
2015~2017
  • VOICE| “Axyz” by Rhizomatiks @Shibuya CAST
  • VOICE| “SONIC PENDULUM” by Yuri Suzuki @Corso Venezia 11, Milano, Italy
  • VOICE|Tokyo Station “Tokyo Colors. 2015” by Rhizomatiks Design @Tokyo Station
  • VOICE|National Astronomical Observatory of Japan ALMA MUSIC BOX Album “Music for a Dying Star” (#6 Waves of The Frequency)

PRODUCE / PLANNING

OTHERS

2021
2020
2019
  • BACK STAGE TOUR|「Sound Mine」バックステージツアー@山口情報芸術センター[YCAM]
  • FACILITATION|第22回文化庁メディア芸術祭受賞作品展[アート部門]ワークショップ
  • TALK|日本音響学会 Week of Sound シンポジウム「高臨場感オーディオを用いた新しい芸術表現の可能性 22.2マルチチャンネル音響作品「Lenna」の制作を通じて」
2018
  • TALK|Making of “Stradivarius: Timeless Journey” 國崎晋,細井美裕,久保二朗,葛西敏彦 @森アーツセンターギャラリー “ストラディヴァリウス300年目のキセキ展”
  • VJ|東京塩麹 / Guest:ASA-CHANG&巡礼 @Shibuya WWW
  • VJ|東京ザヴィヌルバッハ × 東京塩麹+Que(VJ) @Roppongi Superdeluxe