Media

2019
フィルムアート社ウェブメディア「かみのたね」|音による新しい気付きのために 細井美裕 インタビュー
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス卒業生寄稿|「芸術と科学と社会」細井美裕
ONTOMO|細井美裕+石若駿+YCAM「Sound Mine」耳を研ぎ澄まして音を探しにいく。ヘッドフォンと音響効果を用いたコンサート体験
Sound & Recording Magazine誌|2020年2月号にて 細井美裕+石若駿+YCAM新作「Sound Mine」レポート、インタビュー6P掲載
Sound & Recording Magazine誌|2019年9月号にてアルバム”Orb”、展示、活動についてのインタビュー6P掲載
Sound & Recording Magazine誌|2019年8月号にてアルバム”Orb”リリース紹介
ミュージックトレード誌|「電子楽器 過去 現在 未来」Lennaについて掲載
PROSOUND誌|PROSOUND最前線 日本音響学会Week of Japan 2019レポートにてLennaのプレゼンテーションの模様を掲載
OTOTOY|細井美裕“Lenna” それぞれの楽しみ方 ―OTOTOYでは22.2ch音源も配信中
CD Journal|Miyu Hosoi『Orb』は、声のみで制作された天国的な音響工作
テレビ山口|「私たちのまち山口」インタビュー放映
DIGLE MAGAZINE|Miyu Hosoi×上水樽力 対談。0から1を生み出す22.2ch「Lenna」
Shure24 by Shure & Mixcloud|Discover the 24 future audio innovators selected by 4 industry-leading curators 
The FADER|Shure and Mixcloud are teaming up to elevate 24 creative innovators to new heights. 
La Semaine du Son le Monde|La Semaine du Son au Japon

細井 美裕
Voice / Planning / R&D / Audio & Visual Produce

1993年愛知県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。高校時代合唱をきっかけに現代音楽に触れ始め、慶應義塾大学在学中からヴォイス・プレイヤーとして数々の楽曲、ライヴ、サウンド・インスタレーションに参加。また音楽家としてのバックグラウンドを活かした企画で、ミュージシャンとテクノロジストとの橋渡しを行いながら、ユニークなコンテンツを生み出している。
2016年京都市交響楽団と共演。2017年劇作家・作曲家の額田大志(ヌトミック/東京塩麹)との共作でサウンドインスタレーション「浪漫」をアンスティチュ・フランセ日本で発表。2018年「ストラディヴァリウス 300年目のキセキ展」@森アーツセンターギャラリーの展示作品の一つQosmo「Stradivarius : Timeless Journey」の企画、サウンドディレクションを担当。
2019年「オープン・スペース 2019 別の見方で」/NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]無響室において22.2chで制作した「Lenna」の2ch版を無響室にて発表、山口情報芸術センター[YCAM]では22.2chで発表。同年6月に「Lenna」を含むファーストアルバム「Orb」をSalvaged Tapesからリリース。同楽曲は第26回日本プロ音楽録音賞ハイレゾリューション部門優秀賞・ニュープロミネントマスター賞を同時受賞。
11月にはYCAMにて細井美裕+石若駿+YCAM新作コンサートピース「Sound Mine」を発表。
SHUREとMixcloudによる「SHURE24 : 世界のオーディオカルチャーをプッシュする24人」に選出される。

コラボレーションアーティストに、JEMAPUR、石若駿、澤井妙治、Setsuya Kurotaki (NF / KiKi)、Yuri Suzuki、山口情報芸術センター[YCAM]など多数。

Miyu Hosoi
Voice / Planning / R&D / Audio & Visual Produce

Born 1993 in Aichi. First came into contact with contemporary classical music as a member of her high school’s choir, and started contributing as a voice performer to numerous songs, live concerts and sound installations while enrolled at Keio University. Functioning as a crosslink between musicians and technologists, she continues to produce unique contents in projects that benefit from her background experience as a musician, and has just released her first solo album “Orb” in June 2019, based on the concept of using no other sound than her own voice.

– Won the Outstanding performance award and the New Prominent Master Award at The 26th Japan Professional Music Recording Award.
– Selected by Yuri Suzuki as one of the “Shure24“, the definitive list of people pushing audio culture forward
– “Lenna (2019, 2ch ver.)” was exhibited in the anechoic room at the NTT InterCommunication Center[ICC] OPEN SPACE 2019 Exhibition “Alternative Views”, which was the revised version of the original 22.2ch ver.
– “Lenna (2019, 22.2ch ver.)” was exhibited at Yamaguchi Center of Arts and Media [YCAM]’s huge foyer. Using the foyer’s reverberation, it was intended to be the totally opposite one of the NTT ICC’s anechoic environment.
– Featured on the Sound&Recording Magazine and her long interview was on their Sep. 2019 issue.
– At the Tokyo Stradivarius Festival 2018(@MORI ARTS CENTER GALLERY), she was in charge of the planning/sound direction for the installation “Stradivarius: Timeless Journey” when she was a member of the Qosmo, the creative studio based in Tokyo. (Spikes Asia 2019 Digital Craft : Grand Prix)
– “Romance(2017)” the sound installation with Masashi Nukata(composer/Playwright of Tokyo Shiokouji/Nuthmique) was exhibited at Institut français du Japon – Tokyo.

Album “Orb” by Miyu Hosoi on Online shop / iTunes / Spotify / OTOTOY(96k) / e-onkyo(96k) and more.