Theatre me

  • Theatre me
  • Theatre me
  • Theatre me

音を出さない サウンドインスタレーション

会場である円形の砲台跡地は、コロッセウムを思わせる内壁に開けられた小さくなってやっと入れる大きさの8つの弾薬庫と、海側に砲台が突き出るように開けられたトンネル状の空間、合計9つの空間で構成される。
弾薬庫の中に無理やり入ってみると、全方位の世界がスクリーンのように切り取られ、さらに狭いせいで周囲の音も開口部方向からに制限される。弾薬庫は奥に深く奥に入れば入るほど先ほどまでいた空間を客観的に鑑賞できるような、あるいは自分が世界から切り離されてしまうような感覚を覚える。
展示のために弾薬庫とトンネルの内壁に吸音パネルを設置、回り込む音を極力抑え、スクリーンを意識する構成を目指した。日が落ちて視界も制限されるが、無限の解像度を持った音はどのような映像を脳内に映すのか。

弾薬庫では、リスニングポイントを提示している。それぞれは全て異なる方角に開口しており、一つ一つアンプリファイされる音が異なる。
展示入り口側の弾薬庫は、停泊するフェリーのエンジン音や飛行機の低音が強調され、反対側は木々の音、風の音がよく聞こえる。
電気のないこの場所で、自分を引き出す孤独な劇場をつくることができるだろうか。

会期
2022年1月22日(土)~3月6日(日)
HP
https://senseisland.com/

CREDIT

  • 吸音パネル協力:株式会社 静科
  • 施工:スーパー・ファクトリー株式会社
  • 渋谷清道、鈴木隆行、岡崎彩加、緒方圭太、織原ゆき山田大輔、竹内なぎさ
  • 写真:廣瀬健