miyu hosoi

Album “Orb” をSalvaged Tapesからリリース

“Orb” Miyu Hosoi on Online shop / iTunes / Spotify / OTOTOY(96k) / e-onkyo(96k) and more
1. Chant (Composed by Shun Ishiwaka)
2. Jardin (Composed by Ayatake Ezaki)
3. Rovina (Composed by Yusuke Lawrence Kato)
4. Fonis (Composed by Yuta Bandoh)
5. Orb (Composed my Miyu Hosoi)
6. Lenna(HPL22 Ver.) (Composed by Chikara Uemizutaru)

Voices : Miyu Hosoi
Recorded & Mixed : Toshihiko Kasai (studio ATLIO)/M4 Recorded : Yuta Bandoh, Mixed : Yuta Bandoh, Toshihiko Kasai
Mastered : Moe Kazawa (studio ATLIO)
Recording assisted : Iizuka Akihiro (studio ATLIO)
3D Sound System : Jiro Kubo (acousticfield)
3D Audio Designer : Misaki Hasuo
Reverberation Room : ONO SOKKI CO., LTD

 

Related Exhibitions / Media

– 2019年5月18日(土)—2020年3月1日(日)NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]「オープン・スペース 2019 別の見方で」展 無響室にてLennaを2chに再構成したものを展示

– 2019年7月20日(土)—11月17日(日)山口情報芸術センター[YCAM]scopic measure #16 / Sound Mine関連展示 “Lenna” Lennaの22.2ch版を展示

– OTOTOY|細井美裕 “Lenna” それぞれの楽しみ方 ―OTOTOYでは22.2ch音源も配信中

Sound & Recording Magazine 2019年8月号 誌面リリース情報掲載

Sound & Recording Magazine 2019年9月号 誌面インタビュー6P掲載

日本音響学会シンポジウム「高臨場感オーディオを用いた新しい芸術表現の可能性 -22.2マルチチャンネル音響作品「Lenna」の制作を通じて- 」 に登壇

– CDJournal|注目タイトル Pick Up Miyu Hosoi『Orb』は、声のみで制作された天国的な音響工作

 

M6 「Lenna」22.2ch音源 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスでの公開に関しまして

アルバムに収録されておりますM6 「Lenna」(作曲:上水樽力)の22.2ch 48kHz 24bitデータに関しましては、アーティストおよび制作チームの意向により、研究開発などでもお役立ていただけるようにクリエイティブ・コモンズ・ライセンス下にて公開いたします。
レーベルのページからお問合せください。後日ダウンロード用のリンクをお送りいたします。
入力いただいた個人情報は、ライセンス条件に変更が生じた場合や、適正でない利用が判明した際にご連絡を差し上げる場合のみに使用し、それ以外の目的で収集、使用するものではございません。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品はクリエイティブ・コモンズ表示 – 非営利 – 継承 4.0 国際ライセンスの下に提供されています。

*
Lennaというタイトルは、画像処理論文などでよく用いられるサンプル画像に写っている女性の名前にちなんでいます。この作品も、そんなLennaのように多くの方に研究開発に用いられ、音をつくる環境・聴く環境を考え実践するための素材としていかされてほしいと思っています。
私はマルチチャンネルを普及させたいというようなモチベーションはなく、ただ音を聴く環境について考えるきっかけをつくりたいという気持ちでLennaを制作しました。今この時代に生きているので22.2chというフォーマットを採用しましたが、もしこれが50年後だったらまた違ったと思います。
素晴らしい技術が次々と生み出されるなか、コンテンツが追いついていないのでは?というのが制作の原点でした。これまでのコンテンツを否定しているわけではなく、制作環境の解放が必要だと思ったのです。技術だけではなく、表現と技術がお互いを高め合う環境が、今後進化していくことを願っています。技術の力で強くなったコンテンツは、その技術が更新された時に強さを失います。
表現したいことを実現させるのにベストな技術を選択し真摯に取り組むことが、技術開発者への最大のリスペクトであり、表現者としてのプライドだと私は思っています。
最後に、Lennaは今後、いろいろなフォーマットで展開されていきますが、正解も最善もありません。その場その場の私にとってのベストを展示していきますが、鑑賞者によって感想はもちろん異なると思います。みなさんにとっていちばんのLennaを創作していただけたら嬉しいです。
未来の素晴らしい作品のために、微力ではありますが、公開します。
快諾してくださった制作チームにこの場を借りて感謝申し上げます。
細井美裕
*

Next Post

Previous Post

© 2019 miyu hosoi