NTT ICC 「HIVEのすゝめ」映像アーカイブ選定と執筆記事が公開

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]の映像アーカイブの選定とそれぞれの映像へのコメントが公開されました。

https://www.ntticc.or.jp/ja/feature/hive101/hosoi-miyu/

「HIVEのすゝめ」
「HIVE(ハイヴ)」は,2004年に開始されたICCの映像アーカイヴです.ICCの所蔵するヴィデオ・アート作品,アーティスト,科学者,建築家,批評家などへのインタヴュー映像に加え,1997年開館以降のICCの活動の記録映像を収蔵しています.一部のコンテンツは,HIVEのウェブサイトからも視聴することができます.
ウェブ版HIVEがオープンした2006年は,YouTubeを始めとする数々の動画共有,配信サーヴィスが始まった時期に重なります.それから14年を経た現在では,インターネットを通じた映像視聴はごく身近な体験となりました.このコロナ禍において,オンライン配信でイヴェントやコンサートなどを視聴した方も多いのではないでしょうか.
ウェブ版HIVEのコンテンツ数もこの14年で500弱までに増えました.そこで「HIVEのすゝめ」と題し,何名かの方におすすめのコンテンツを数本ずつ選んでいただく企画を立ち上げました.映像の紹介としても,またセレクターそれぞれの活動やその背景を垣間見せるものとしても,読み応えのある文章が揃いました.
なお,ウェブ版HIVEのコンテンツには,原則として*クリエイティブ・コモンズ・ライセンスが付与され,一定条件下** での創造的利用が可能です.視聴のみならず,改変,編集された二次創作物が公開されることにより,文化資源としてのICCの活動記録が,よりオープンなかたちで社会に広まることを願っています.