miyu hosoi

Atonal Chimes

素材の音を伝えるためのプロジェクト。

通常は「同じ素材・異なる形」で音階を作る打楽器を、「同じ形・異なる素材」で製作。人為的な12音階という枠組みを取りはらうことでうまれる”素材の調”を提案しました。
高岡工芸の特徴である”使われる工芸”に着目し、演奏可能な楽器にも機能する展示物として、1つのオブジェクトで多様な音を出せる作品を目指します。

「高岡銅器」といっても、真鍮、ブロンズ、唐金(からかね)など様々な種類の「銅合金」があります。職人は素材の特性を熟知して、製品によって使い分けているのです。「工芸品は素材が昇華したもの」だと考えるこのプロジェクトは、プロダクトデザインではなく、見せ方がデザインされた『素材』をつくることを考えました。それがメディアとなって、高岡の工芸に使われる素材や技法を知る機会を作り、また実際に使われていくもの、使われ続けることで古くならないようなものを目指し、コンセプチュアルな「楽器」を制作しています。今後、さらに素材の種類を増やして多彩な音が出せるようにし、ミュージシャンによるパフォーマンスなどに展開していきます。

Takaoka copperware is made from a variety of copper alloy materials including brass, bronze and karakane (bronze from China). Copperware artisans are well versed in the properties of each material, and know which to use for different products.
We believes materials are what elevate the handicrafts into exquisite works of art. So rather than being product designers, we see ourselves as the creators of materials that design the appearance of an item.
By making the materials the media for their work and creating opportunities to learn about the materials and techniques used in Takaoka’s kogei, we have created a conceptual musical instrument that is intended to be actually used and become timeless through the virtue of continuous use.
We will keep working on creating an even richer variety of sounds by using even more varied materials. We’re also aiming to have the instrument used in musical performances and other events.

Team Members:
Miyu Hosoi (Sound Director)
Tatsuya Motoki (Designer)
Sho Niita (Casting Engineer)
Takahiro Motoyama (Product Designer)
Takahito Hosono (Architectural Design / Space Designer)
Momoko Nishimoto (Hardware Engineer)
Motokazu Nishimura (IT Engineer)

Performance:
Shun Ishiwaka

Cooperation:
Kazuyasu Fujita from HEIWA GOKIN Co., Ltd.

Next Post

Previous Post

© 2019 miyu hosoi